本文へスキップ

 安心 自信 自由 

              安心

CAPのアプローチ(詳細)

・3つの柱

@権利意識・・・
 
  誰もが持っている大切な権利を知り、
  自分は価値のるあ存在であることに
  気づき、自信と勇気を取りもどす。









Aエンパワメント・・・
 内なる力を引き出す。 
 本来人は生まれながらにしてそれぞれの内にたくさんの力(生命力、可能性、基本的人権等)をもっています。一般的に弱者と呼ばれる人々(子ども・しょうがい者・マイノリティなど)は、その力を発揮できない社会の構造の中で、弱者とされてきただけなのです。エンパワメントとは、社会の側の問題に気づき、本来持っている力を発揮できるよう、自己決定力を持てるよう、働きかけていくことです。










Bコミュニティ
・・・
家庭、学校、地域の連携とCAPの役割。

                  












・アプローチ


何故子どもは暴力
にあいやすいのか
 CAPプログラムのアプローチ
 1.暴力についての
 正しい知識を
 与えられていない
・暴力についての正しい知識と具体的な
 対処方法


  権利が取られそうになったときは



 「いや」と言っても
  いいよ













 逃げてもいいよ






 

 おとなに
  相談しよう
 友達どうし
  助け合おう




   みんなには 自分の権利、
 友だちの権利を守る力があるよ

 
 あなたは、
 
世界にたった一人の大切なひと

 2.社会的な力を
 持たされていない
 (おとなに依存
  している)
 基本的人権

「安心」「自信」「自由」の権利
3.孤立させられ
 ている

・友だちどうしの助け合い

・おとなからの支援


 



CONTENT


・3つの柱
  権利意識
  エンパワメント
  コミュニティ

・アプローチ